社内・院内システムエンジニアリング

情報システム管理者(社内・院内SE)、またヘルプデスクとして、企業・病院内に常駐または定期訪問し、問い合わせ窓口を一元化して、障害対応や疑問解決、利用方法の改善など、企業・病院側システム担当者の方と二人三脚で業務を遂行します。

また、メーカー・ベンダーに対しては、企業・病院側の意向を踏まえた的確な情報提供や技術的な折衝を行います。

当社の強み

当社のエンジニアはIT全般に関する知識を社内で共有しており、IT全般に関するスペシャリストとして現場担当者の方やメーカー・ベンダーと調整し、様々な課題に対して最善の解決策を提示します。

se2
 

利用メリット

情報システムの高度化、情報セキュリティに求められる要件の増大などにより、情報システム管理者(社内・院内SE)に求められる能力は年々高まる傾向にあります。

そして、近年のエンジニア不足によって優秀なSEの雇用難易度が高まっていること、厳しさを増す事業環境において社内・院内SEの技術教育にかかる費用を確保することは難しくなっていることなどから、社内・院内SEを外部委託する企業・病院の割合は増加傾向にあります。

社内・院内SEの外部委託には、以下のメリットがあります。

  • 社内・院内SEの雇用・教育にかかる費用を低減
  • 社内・院内SEの離職・引き継ぎのリスクを低減
  • 社内・院内SEのITスキルレベルを担保
  • 繁忙期・閑散期など、業務量に応じた人的リソースの確保

se3

 

受託実績

  • 国立病院機構
  • 医療法人
  • 個人病院
  • 一般企業
  • 弁護士事務所
  • 公認会計士事務所
  • 社会保険労務士事務所

業務フロー (院内SE)

1. 問合せ受付

医療情報システムなどに関する窓口(ヘルプデスク)として、医師・コメディカル・事務など病院関係者の方から、以下などの問合せを受け付けます。

課題の解決方法が明確な場合はその場でフィードバックし、明確でない場合はその旨を伝え、1次対応を行います。

  • 操作方法について
  • システム不具合やトラブル
  • セキュリティについて
  • システム設定・変更について
  • より良い運用方法について

2. 課題解決

問合せ時に受付け時に課題の解決方法が明確でなかった場合は、課題を整理し、以下などに問合せしながら、解決方法を確認・検証します。

  • 電子カルテシステムベンダー
  • ソフトウェアベンダー
  • 機器メーカー
  • 通信インフラ・プロバイダ

3. フィードバック

確認・検証済みの解決方法を病院関係者の方にフィードバックします。

以下などの課題については、代替案も含め、詳細な情報をフィードバックします。

  • 解決に時間を要する課題
  • 解決に費用を要する課題
  • 仕様などにより解決策がない課題